全員集合!!

△サイズ 39.2cm × 27.0cm
 
 ポスターサイズ
 壁が変わるほどのインパクト。
 絵を買った!という気分が高まります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
※額縁は付属しておりません。
最寄りの額縁屋さんでお好みのものを選ばれるか、シンプルな額縁でしたら当サイトでも販売しております。よろしければご購入ください。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


▲濱田さんというアーティストについて

初めて濱田さんと会った時に
「風呂敷みたいな紺のワンピース着ています。」
と言われ、会ってみると確かに風呂敷みたいなワンピースを着ていました。
神戸生まれ神戸育ちの、目がキラキラした女性です。

「すごい怖がりで、怒られるんじゃないか、見捨てられるんじゃないかっていつもビビってるんです。」
濱田さんはすごく怖がりだそうです。

小学生の時に好きだった人形遊びも、周りの人にバレると恥ずかしいと思い、雨戸を締め切り遊んでいたほど。
できるだけ目立たないように過ごしていたそうです。

なんとなく絵を描くことは好きだったので、美術科のある高校に進学し「見たものをそのまま描け!」と言われるままに描いていたそうです。
そんなに楽しくはなかったそうです。

それでも描くことは好きだったので、大学も美術大学を選択。
怒らない、優しそうな先生が多そうという理由で京都造形芸術大学の洋画コースに入学しました。

大学に入ると「好きなものを描け」という課題が出されました。
濱田さんは大好きだったぬいぐるみを一生懸命描いたそうです。

そうしたところ
「そういうことじゃない。これはストレートすぎる。」
と言われました。
そこで、先生の言うことを聞いて「美術っぽいもの」を必死で探して描いたそうです。

そんな感じなので卒業を迎えるまでなんとなく釈然としないまま過ごしました。

卒業後は小学校で図工の教師をします。
でも学校でも子供たちがあんまり自由に過ごせなかったりすることに疑問を感じる。

もっと自由でいいのに。
そして離職してアーティストへの道に再度突き進みます。

もっと自由に。
ずっと感じていた思いが20代の後半になって爆発し、今の作品のスタイルに行き着いたそうです。

「紙をランダムにちぎって、その形をじっと眺めてると頭の中にどんどんイメージが広がってきて、それを描いているんです。」

そうやって描かれた人や動物を組み合わせて濱田さんの作品は作られています。

「今はすごく自分の作品に納得しています。」

だから濱田さんの作品は一切手抜きがありません。
細いボールペンで小さな線を何度も引きながら形が作られているのですが、細かく見てみても、どこにも線のブレがないんです。
これはけっこう大変な技術で、長距離を一定のペースで走り続けるマラソンランナーのような厳しさがあります。

かといって、濱田さんの作品には悲壮感がありません。

「できるだけハッピーなものをつくりたいんです。その方がいいじゃないですか。」

確かに美術はずっと暗いものでした。
特に第二次世界大戦前後の近代と言われる時代の作品は真っ暗です。
それはそれですばらしい。
でも、美術の素晴らしさはそれだけではない。

美術の楽しさはいろいろあるし、本当はもっと見ている人を楽しませるような作品があってしかるべきだと思います。

濱田さんは、そういう意味で最先端の作家さんです。
今後の美術界はハッピーで楽しい作品はもっともっと増えてくるでしょう。

その時に濱田さんはパイオニアとして最前線を走っているはずです。
型番 hy01037
販売価格 43,200円(内税)
購入数


おすすめ商品


braid hair

43,200円(内税)
SOLD OUT


tides2

21,600円(内税)
SOLD OUT


fate6

43,200円(内税)
SOLD OUT


霧雨

43,200円(内税)
SOLD OUT


処暑

43,200円(内税)
SOLD OUT


About the owner

くま美術店 代表 荒木了平

くま美術店のページを開いていただいて、本当にありがとうございます。

美術は「クマ」みたいなものだと思っています。
なんとなくどこかにいるのは知っているけれど、普段はどうしているのかまったくわからない。急に出てくるとびっくりしちゃうし、怖い。なるべくなら近寄りたくない。
毛むくじゃら。ケダモノ。

本当はそんなに怖いものではありません。それどころか、よくよく見てみるとちょっとコミカルで、深さもあります。

まだまだ理解がされにくい美術の面白さや、アーティストの真剣さを、今までにない親しみやすいかたちで紹介していきたい。そんな思いで「くま美術店」を作りました。

イベントなどもやっております。新しい刺激がほしいと思ったら、くま美術店をのぞいてみてください。

文化って楽しい

くま美術店 店主 荒木了平

Top